健康に楽しく過すために!

黒ごまと白ごまはどっちがいい?効果的な食べ方で栄養を逃さない!

                    
                      

黒ごま白ごまどっちがいい

ゴマは、古くから洋の東西を問わず、健康効果のある食べ物とされてきました。

そんな、ごまのパワーを吸収したい!

料理に使いやすいのは白ごまだと思いますが、栄養効果を考えると、黒ごまと白ごまはどっちがいいのか?

 

と気になったので調べてみました。意外にもその結論は・・・

さらに、ごまに関する重要な事実もお知らせします!

黒ごまと白ごま、どっちがいい?

黒ごまがとくによいとも言われますが、効用としては白ごまとさほど差がないようです。ですから、どちらでもお好みの方を選べばよいとのこと。

白ごまを常備してる身としては嬉しい答えでした。

そもそも、栄養効果を期待するなら、黒ごまか白ごまかの前に重要なことがあるんです。それは食べ方です!

 

効果的な食べ方

見逃せない事実・・・

ごまは粒のままでは有効な成分が体内に吸収されないそうです。これは、皮の硬さからくる不都合な事実。ただし、ちょっとのひと手間で問題は解決できます。

効率的に栄養をとるなら、ゴマを使うときは必ずよくすりつぶしてください。これで栄養をしっかり吸収できます。

また、よくすった方が、ゴマの風味がでて美味しくもなります。

 

栄養と効果

特徴とされる成分

  • セサミン
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • リノール酸、オレイン酸
  • 良質なタンパク質
  • カルシウム

 

●セサミン

ゴマには抗酸化成分が複数含まれていて、その総称をゴマリグナンといいます。そのなかでも一番の抗酸化力を持つのがセサミンです。

セサミンはビタミンEとの相乗効果で悪玉コレステロールを低下させ、反対に善玉コレステロールを増加してくれる効果が期待できます。ですから動脈硬化の予防におすすめされています。

 

●リノール酸、オレイン酸

不飽和脂肪酸のリノール酸は、動脈硬化の予防に効果があります。とくに、ビタミンEと相乗的に働くのでパワフルな効果を期待できます。

同じく不飽和脂肪酸のオレイン酸も多く含み、血中コレステロールをへらす働きがあります。

 

●ビタミンE

ビタミンEは、酸素の利用をよくするから、長く食べていれば息切れの改善にも効果があるそう。

また、血のめぐりをよくするので、冷え性の人にもおすすめ。

 

まとめ

ここまでごまの栄養効果について見てきましたが、いかがでしたか?

ポイントまとめ

  • 黒ごまでも白ごまでも効用に大差なし
  • すりつぶして食べることが重要
  • セサミンなど有効成分が豊富

中国では、「仙人はゴマを食べるから長寿なのだ」と信じられてきたそうです。それほどごまが素晴らしい食べ物ということですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ