健康に楽しく過すために!

ブロッコリーには葉酸もカロテンも!その栄養効果を見逃すな!

                    
                      

ブロッコリー

突然ですが、ブロッコリーは電子レンジを使ったほうが、茹でるよりもビタミン類の栄養が残ってオススメですよ。

ということで今回は、花野菜のブロッコリーに秘められた栄養と健康効果に迫ります。

 

ブロッコリーって野菜なのにタンパク質が豊富なんです。いわゆる「低カロリー高タンパク」、しかもビタミン、ミネラルもしっかり。

だから筋トレする人たちがこぞって食べるんですね。

そして、葉酸やカロテン、スルフォラファンなど注目したい栄養がたっぷり!サクッと紹介していきますのでお見逃しなく。

ブロッコリーには葉酸もカロテンも付いてくる!

ブロッコリーに含まれる栄養成分とその効果について、まずはカロテンからいきましょう。

●カロテン

緑黄色野菜のブロッコリーには、カロテンという栄養成分が豊富です。

カロテンは鮮やかな野菜を彩る色素成分で、抗酸化作用が強いのが特徴です。体内も酸化するとサビてしまいますが、それを防いでくれます。

 

●葉酸

ビタミンBの一種である葉酸は、血液や細胞を作るのに必要な栄養成分です。血液の巡りをよくしたり、貧血の予防、ストレスや疲労を抑えたりといった効果が期待できます。

 

●スルフォラファン

植物が保有する科学物質フィトケミカルの、一種であるスルフォラファンを含んでいます。

抗酸化力と解毒力を高めガンを抑えるといわれます。

さらに、抗酸化力で肝臓の健康維持に効果的とされます。

ちなみに、肝臓は栄養を蓄えて置くところ。肝臓から血液がカラダ中に栄養をとどけます。

 

スルフォラファンは、体を守るには強い味方となってくれそうです。

 

ブロッコリーの栄養成分

おもな成分をピックアップ!

タンパク質

食物繊維

●フィトケミカル

スルフォラファン

●ビタミン

アルファカロテン、ベータカロテン(一部がビタミンAに変換される)

ビタミンB1、B2、葉酸(ビタミンB群)、ビタミンC

●ミネラル

カルシウム、カリウム、クロム

食物繊維も多いのでお通じにもよいですね。

 

健康効果

ざっとまとめただけでも、期待できる効果が幅広い!

  • 血液を造る
  • 貧血の予防
  • 病気への抵抗力をつける
  • 粘膜、目の角膜、視力を守る
  • インスリンの活動促進
  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 肝臓の健康維持

 

冷凍ブロッコリーの栄養価は?

スーパーやコンビニでも冷凍ブロッコリーが手に入るけど、栄養はあるの?と、疑問がある方もいると思います。

その答えは・・・多少減りますが栄養はあります。栄養がまったく無くなってしまうわけではありません。食べる価値は充分にあります。

 

ビタミン類が三分の一くらいまで減りますが、ほかは5割~8割ほど残っている感じです。

「少なっ!」と思うか、「けっこう残ってる!」と思うかは、あなたしだいです!なんて言ってみたりして。

 

まとめ

ブロッコリーの栄養と健康効果について見てきましたが、いかがでしたか。

ポイントをまとめると

  • ビタミン類が豊富
  • 抗酸化作用が高い
  • タンパク質も食物繊維も豊富

これがきっかけでブロッコリーを手にとる機会が増えたなら嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ