健康に楽しく過すために!

長ねぎの健康効果をチェック!血行に疲労回復など見逃せないパワー満載!

                    
                      

長ねぎの健康効果

長ねぎって子供のころは苦手だったけど、大人になって好きになった食べ物の一つ。

薬味っていわれるくらいだから健康によさそうだけど、詳しくはどんな効果があるんだろうか?

ということで、調べてみました!

 

長ねぎは実に魅力的な、健康効果を秘めた栄養成分に富んだ野菜でした。

では、簡単に紹介していきます。

長ねぎの健康効果

長ねぎがもつ栄養成分とそれに付随する体への効果、それは現代人の強い味方!

 

栄養成分

おもに含まれる栄養成分などがこちら

ビタミンC
カリウム
カルシウム
カロテン

 

なかでも注目なのが、辛味の元になっている硫化アリルという成分。

その効果は、

・血液をサラサラにして動脈硬化の予防。

・ビタミンB1の取り込みをサポートし、結果とし血糖値を下げるのに役立っ。

などがあります。

 

この硫化アリルの働きが血行をよくして体を温めるとされ、ねぎは生薬としても利用されているんです。

冷え性の方にもオススメですね。

他にも健康にいい働きがあります。

 

健康効果まとめ

長ネギパワーに期待できるおもな効果

血液サラサラ
体を温める
血糖値の上昇を抑える
コレステロール値を抑える
疲労回復
スタミナUP
殺菌、鎮静作用

と、こんなにもあるんです。これを知ったら食べずにはいられませんね。

 

効果的な食べ方

栄養成分の効果を一番に考えるなら、薬味のように生のまま食べるのがベストです。

しかし、火を通す料理なら食べやすくなり量を摂れるというメリットもあります。

 

また、生でも白髪ねぎなどのように、水につけるのは成分が流れるのでもったいないです。

 

※硫化アリル以外の成分は、白い部分よりも青い葉の部分が多く含んでいるので、ぜひ食べてください。

青い部分は刻んでチャーハンに入れたり、クタクタになるまで煮込むと食べやすくなります。

煮汁はブイヨンとしてスープなどに使えます。

 

まとめ

いかがでしたか?ここまで長ねぎの健康効果についてみてきました。

簡単にまとめると

  • 注目は辛味成分の硫化アリル
  • 血液サラサラで生薬にも
  • 他の栄養成分にも健康効果いろいろ

冷え性や疲労を抱えてる方のお役に立てたなら嬉しいです。

ありがとうございました。

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ