健康に楽しく過すために!

冷凍かぼちゃは栄養が無い!?成分や健康効果も調べてみた!

                    
                      

冷凍かぼちゃの栄養

こんな衝撃的なことを耳にしました

「スーパーなどで売られてる冷凍野菜は、加工過程で栄養が抜けているので野菜を食べたことにならない」なんて内容です。

 

それを聞いてから、それまでよく買っていた冷凍かぼちゃから遠ざかっていました。

でも待てよと、ちょっと調べてみようと検索したのです・・・。

冷凍かぼちゃに栄養はない?

調べてみて出した結論は、これからも冷凍かぼちゃ買います!です。

その理由は、冷凍加工されても栄養成分は大幅に減少するわけではないようだから。

 

まして、すべてゼロになるなんてことはありません。

確かに減りますが、もとの4分の3くらいになる感じです。

 

ですから、素直に利用したほうが、調理の負担も減るし食べないより確実に栄養は摂れるはず。

 

ただ、ほうれん草などの葉野菜はビタミン類が減りやすいようで、半分くらいになる印象。

だとしても、使い勝手のよさを考えると全然ありだと思います。

 

かぼちゃに限ったことではなく、冷凍野菜は買わない、けれど調理するのも面倒。

そうして、一つの食材が食卓に上がらなくなるほうが、健康面や献立のバリエーションにおいてもマイナスではないでしょうか。

 

と、大好きな冷凍かぼちゃにも栄養が残っているとわかったので、ここからは、かぼちゃの栄養成分やその健康効果をチェックしていきましょう!

 

かぼちゃの栄養成分

ビタミンやミネラルなど栄養がたっぷり!

 

・特徴とされるのがβカロテン(ベータカロテン)

鮮やかな果肉部分の色素成分です。

 

体の中でビタミンAへ変化すると、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。

別のビタミン類と一緒になって風邪への抵抗力をUP!

 

ほかにも、
ビタミンB群
葉酸
ビタミンC
ビタミンE
タンパク質
カリウム
鉄分
食物繊維
などがおもな成分になります。

つづいて、これらの栄養から期待できる効果を紹介!

 

かぼちゃの健康効果

味付けしなくても美味しいのに、こんな側面もあったなんてありがたい。

・食後血糖値の急激な上昇を抑える
・貧血の予防
・便秘の予防
・免疫力UPで、風邪の予防
・ホルモン調整して、更年期障害の改善

 

食べ方

カロテンは油と一緒にとると吸収がよくなるそうです。

レンチンならマヨネーズも手軽でいいですが、煮物にするなら追いオリーブオイルなんてどうでしょう?

 

1日の摂取量

1日、100gが目安とされます。

 

選び方

まるっと一個なら、ずっしり重く皮が硬いもの。

そして、ヘタが枯れているもの。(かぼちゃは収穫されてから少し時間がって熟したものが美味しいため)

 

カットされたものなら、色が濃く肉厚で、種が詰まっているものを。スカスカなのはさけます。

 

まとめ

冷凍かぼちゃに始まり、栄養や健康効果についてみてきましたがいかがでしたか?

まとめると、

  • 冷凍かぼちゃにもちゃんと栄養はある!
  • かぼちゃはビタミン、ミネラルなどが豊富!
  • 貧血や風邪予防などなど効果あり!

かぼちゃが食卓にならぶきっかけになれたなら嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございましたん。

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ