健康に楽しく過すために!

コーヒーで眠れない!何時間前ならOK?この飲み方で眠気管理!

                    
                      

コーヒー 寝れない 何時間

 

ついつい好きで夜遅くにも飲んでしまうコーヒー

ベッドのなかで「あ~ また眠れない・・・

 

そんな方も多いと思いますのて、調べてみました。

コーヒーと眠気覚まし効果と時間の関係。そこから分かった賢い飲み方を簡単に紹介します!

コーヒーで眠れない夜よさらば!飲んでいいのは何時間前まで?

今回も、結論から言ってしまいましょう。

コーヒーを飲んでいいのは寝る前・・・

 

3時間まで、できれば4時間まえにはその日のコーヒータイムは終了しましょう」

 

なぜそうなのか、その理由を説明していきます。

 

コーヒーの眠気覚まし効果と時間の関係

コーヒーを飲むと、30分後くらいから眠気覚まし効果〈覚醒作用〉が現れてきます。

 

その後、だんだんと効果が増していき飲んだ3時間後にピークを迎えるそうです。

そこを過ぎっると覚醒作用は減少していきます。

 

ですから、「コーヒーで眠れない!」状態をさけたいなら、少なくとも寝る3時間前にはコーヒーを飲むのは控えたほうよいそうです。

 

それでは反対に、眠気覚ましにコーヒーを利用したい場合のオススメの飲み方を紹介します。

 

 

眠気覚まし効果を賢く管理する飲み方

●もうひと踏ん張り

「今日はまだ仕事頑張らなきゃ!」という時に何時間前にコーヒーを飲んでおくとよいのか?

 

上でも紹介したようにコーヒーのカフェインの効果は、30分ぐらいでは効き始めてくるので、30分前ぐらい飲んでいただくのが理想です。

 

 

●午後をスッキリ!

また、午後の活動を良くするといわれ注目されている「昼寝」。

この昼寝の前にコーヒーを飲んでおくと、カフェインの覚醒効果で20分後くらいに起床しやすくなり。

 

昼寝は15分~20分くらいが理想の昼寝時間といわれていますので、コーヒーはオススメです。

 

これ注意!

コーヒーを飲むならブラックで!

特に缶コーヒーなどには砂糖が多く使われいて、血糖値の乱高下を招くそうです。

ジェットコースターのように急上昇した血糖値はその後、急降下!

この血糖値の急降下は同時に眠気を招いてしまうようです。

 

ですから、せっかくコーヒー飲んだのに、「なんか眠くなってきた・・・やる気が・・・」なんてことになってしまうとのこと。

そんなことで、砂糖は要注意です!

 

 

さぁ 記事も書き終わったしコーヒー飲もう^^

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ