健康に楽しく過すために!

高カカオチョコレートの効果は肝臓にも!食べるタイミングや量は?

                    
                      

高カカオチョコレート 効果 肝臓

 

最近よく耳にするようになった「高カカオチョコレート」という言葉。

なにかと健康効果があるようですが、なにやら人間の最大の臓器、肝臓にも効果があるとのこと。

 

お酒を飲む人や、風邪をよくひくなんて人はには、読んでいただきたい!

テレビ朝日「林修の今でしょ講座!」からポイントのシェアです。

高カカオチョコレートは肝臓にどんな効果がある?

その効果とは・・・

 

「高カカオチョコレートのカカオポリフェノールが肝臓を助け働きを高める!」

ということが最新の研究でわかってきたようです。

 

その理由を簡単に紹介します。

なぜ、カカオポリフェノールは肝臓の働きを高めるのか?

 

肝臓が弱ってしまう原因

まず、そもそもなぜ肝臓が弱ってしまうのか?を簡単に説明します。

 

肝臓が弱る原因には、細胞を炎症させ老化をまねく活性酸素や、悪玉コレステロールの蓄積(良くない脂肪分がこびりつく)があります。

 

カカオポリフェノール登場!

それに対して、カカオポリフェノールは強い抗酸化作用で活性酸素やコレステロールの蓄積を抑えるパワーがあることがわかってきたんです!

 

このようにしてカカオポリフェノールの効果で肝臓の機能が働きやすくなるという仕組になります。

 

その結果こんな効果も期待できるんです。

カオポリフェノールで肝臓の働きがUP→すると基礎代謝がUP→そして免疫力もUP!

 

というとことから、基礎代謝UPでダイエット、免疫力UPで風邪知らずの体にとさまざまに期待されています。

ところで、高カカオチョコレートとは?

高カカオ高カカオと言ってますが、高カカオチョコレートってどんな商品?と思っている方もいるかもしれません。

 

簡単に説明すると、 「カカオ70%」 以上とチョコレートのパッケージに記載があるものが「高カカオチョコレート」になります。

 

チョコレートといってもカカオ80%や90%はかなり苦味があります。

カカオの%が高くなるにつれて苦味が増します。

試すなら、カカオ70%くらいからがオススメですよ。

 

食べるタイミングや1日の量は?

高カカオチョコレートの食べ方

  • 1日に25gまで!
    (だいたい板チョコの半分くらい)
  • タイミングは、朝から晩の間に5回くらいに分けて食べるとよい。
    (チョコレートは消費が早いので、効果を持続させたいなら、チョコチョコと少しずつ間を開けて食べるのがよいそう)

 

ということで、今回は「高カカオチョコレートの肝臓への効果」を紹介しました。

ここまでお読みいただきありがとうざいます!

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ