健康に楽しく過すために!

冷たい炭水化物は太らない!?「名医のTHE太鼓判!」

                    
                      

今夜解決!噂の健康術

「名医のTHE太鼓判!今やるべき10の法則SP」

2016年9月26日(月)TBS 記事第2弾

 

「炭水化物抜きダイエット」のお次は「炭水化物は冷たいと太らない」について。

番組で放送された内容を紹介します。


スポンサーリンク

冷たい炭水化物は太らない?×名医のTHE太鼓判!

最近よく聞く、あえて冷たいごはんを食べるという健康術。

ふつうに「温かいものを食べたい」と思いますが、その効果を知ると・・・。

 

食べると太る炭水化物が冷たいとどうなるの?

炭水化物を冷やすと”レジスタントスターチ”という非常に消化されにくい”でんぷん”ができる!

 

レジスタントスターチに太りにくくする効果が!

●効果その1 血糖値の急激な上昇を防ぐ

ふつう炭水化物を食べると血糖値が急上昇する。すると血糖値を下げるため膵臓からインスリンが分泌され糖を脂肪に変えていく。そのため脂肪が溜まりやすくなる。

だがしか~し冷えた炭水化物は血糖値の上昇をゆるやかにする効果があり脂肪を抑えてくれる!

 

●効果その2 食物繊維と同じような働きをする

腸の活動を活発にし便秘解消にも効果的!
そして、便秘が解消されれば善玉菌も増えて健康に!

 

レジスタントスターチの摂り方作り方!

朝おにぎりを作れば昼食には冷めてレジスタントスターチができている。

ポイントは”冷めている”こと。

 

●ごはん以外の炭水化物を食べるなら

・温かいそばより ざるそばが◎
・温かいうどんよりも 冷やしうどんが◎
・ラーメンよりも つけ麺が◎

嬉しいことに、朝食に冷たい炭水化物を摂ると昼食時の血糖値にも良い影響を与えるそう。

※ 一度冷ましたご飯などを温めなおすと効果は薄れます。つけ麺の汁などに麺をつけるくらいならOK。


スポンサーリンク

炭水化物は冷たいと太らない?「名医のTHE太鼓判!」まとめ

 

・冷たい炭水化物は血糖値の急上昇を抑え脂肪をため込みづらくする
・食物繊維に似た働きで便秘解消の効果もある

冷たい炭水化物を摂ることで普通に炭水化物を食べるよりも太らない効果あり。

とても簡単にできて便秘解消も期待できるとは頼もしい。即実践です!

 

→冷たい炭水化物は太らない!?「名医のTHE太鼓判!」

→太らない炭水化物食の食べ方!&入浴方法!林修の今でしょ講座!

 

それではお付き合いありがとございました。またお越しください(・∀・)!

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ

スポンサーリンク