エンタメ

武井壮の名言から「努力」に必要な3つのポイントを学ぶ!

                    
                      

武井壮 名言 努力

 

百獣の王の知恵とエネルギーをあなたに!

 

今、達成したい目標に取り組んでいるけど「なんだかなぁ うまくいかない(涙)」

また、これから何かにチャレンジしようと思ってる人に、遠回りしないために読んでもらいたい!

 

現役の努力家 武井壮さんの名言から見えてきた3つのポイントとは!?


スポンサーリンク

武井壮の名言から「努力」を学ぶ!

努力について武井壮先生の言葉から見えてきた目標達成に大切なものとは!

 

ポイントは3つ!

・客観的な視点を持つ!

・PDCAサイクルを回す!

・武井壮、本人!

 

ネットで多くの共感を得ている武井壮さんの名言とともに解説していきます。

 

武井壮の努力の名言 ポイント1

客観的な視点を持つ!盲目になってないか?

 

「同じ練習を他の人より努力しても伸びない」

と武井壮さんによせられたコメントへの回答です。

 

 

この武井壮さんのコメントを読むと、

ただ同じ練習してるだけじゃなくて、その練習の肝を理解しておこなっているか?

 

努力を焼きそば屋で例えた名言

 

上記2つの武井壮さんの言葉から学べるのは、

目の前のことだけに囚われて一点しか見ていない、その周りの物事に盲目になっていて客観的な視点を持てていない。

ということだと思います。

 

おこなっている努力は正しいのか?間違った方向に努力してないか?俯瞰して広い視野で全体を捉えているか?

 

武井壮の努力の名言 ポイント2

PDCAサイクルを回す!

 

 

PDCAとは?

ビジネス用語、簡単にいうと「会社経営をうまく運ぶための考えかた」です。

 

4つのポイントとなる英単語の頭文字を抜き出してPDCAと呼ばれています。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
Do(実行):計画に沿って業務を行う。
Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを評価する。
Act(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。

出典:Wikipedia

P→D→C→A→P→D→C→A……と繰り返していくことをPDCAサイクルを回すと言います。

 

武井壮の名言をPDCAに分解!

武井壮さんのわずか140字のコメントのなかに努力に必要なことが全部入ってる!

 

Plan(計画):「本当に必要な練習を日々過去より正しい方法」

過去の実績などから正しい目標・練習・努力計画を考える

 

Do(実行)「能力を向上させつつ行えば」

意識して実際に行動する。

 

Check(評価):「頑張っても伸びないのならその練習内容は間違ってるか必要ないのさ」

結果を評価分析する。

成果が出ていないなら、そもそも計画は正しかったのかチェックする。

 

Act(改善):「練習は嘘つかない」

「Check」から見えてきた改善点を実行する。

 

 

ちょっと強引でしたか……?

 

ただ、このPDCAサイクルを日々回していけば「練習は嘘はつかない」という結果につながる努力になるはず!


スポンサーリンク

武井壮の努力の名言 ポイント3

武井壮、本人!

 

くぅ~こんなこと言える大人になりたい!

 

武井壮、本人!とは「武井壮さんのことをチェックしましょうよ!」という意味です。

 

コメントからもわかるように武井壮さんは常に目標をもって努力を続けています。

どんなことをするにも真剣で本気で取り組んでるいる姿を見ると、こちらも自然とモチベーションが上がります。

 

まとめ

いかがでしたか?武井壮さんの努力についての名言から学びとったものをシェアしてみました。

3つのポイント

・客観的な視点を持つ!
・PDCAサイクルを回す!
・武井壮、本人!

が、重要だと考えました。

 

適期的に毎月1日などに振り返ってチェックできれば効果も大きいと思います。

 

叶えたい夢にチャレンジし努力しているなら、現在進行系の努力家 武井壮とともに歩め!

-エンタメ

話題のあれこれ

スポンサーリンク