エンタメ

村田諒太の世界戦結果速報!勝敗はまさかの!?5月20日

                    
                      

村田諒太 世界初挑戦

2017年5月20日(土)

~ボクシングフェス2017 SUPER 2DAYS~

と銘打って有明コロシアムで開催された村田諒太の世界初挑戦

WBA世界ミドル級王座決定戦


スポンサーリンク

村田諒太の世界戦結果速報!勝敗はまさかの!?

1ラウンド

村田諒太がリング中央でプレッシャーをかける。

その周りをアッサン・エンダムが時計回りに回るかたちになった。

村田陣営は1ラウンドのでき100点と評価。

 

2ラウンド

徐々に両者手数が増える。

エンダムは足のステップでリズムを作っていくスタイル。

それに対して村田諒太は真正面から圧力をかけロープに押し込んでいくスタイル。

 

3ラウンド

村田諒太のワンツー、ボディーの重いパンチがエンダムを襲う。

試合はやや村田諒太のペースで進むなか、ラウンド終了間際に村田諒太のストレートがエンダムの顔面をとらえダウンをとる。

 

4ラウンド以降は完全に村田諒太が優勢で試合が進む。

そして12ラウンドまで試合はもつれ込んだ

 

村田諒太の世界初挑戦の結果

結局、村田諒太はエンダムをKOで仕留めるまでにはいたらなかった

勝敗の結果は判定となり・・・・

 

アッサン・エンダムが勝利!!!

「えーーーーーーーーーー!!!???」

 


スポンサーリンク

判定ポイント数

ジャッジの結果は、エンダム2:1村田諒太

 

1人目のジャッジ
アッサン・エンダム 116対111 村田諒太

2人目のジャッジ
アッサン・エンダム 110対117 村田諒太

3人目のジャッジ
アッサン・エンダム 115対112 村田諒太

まさかの判定に村田諒太も会場も解説もテレビ見 ていた日本、いや世界中が「なぜ?」っと言葉をもらしたことだろう。

信じられない。

まったく納得いかない判定だ!

 

アッサン・エンダムに勝利の要因があるとするなら、ジャブの手数が多かった。

それだけだろう。

村田諒太を捉えたクリーンヒットはあったのか?

ヒヤッとさせられる場面はあったのか?

い~や、ない!

 

それに対して村田諒太は4ラウンドでダウンをとっている。

さらに、その後何度となくエンダムの顔面にクリーンヒットをあびせた。

そのつど、エンダムはふらつきロープにもたれたり、スリップして倒れたりとダメージをくらっていた。

 

誰が見ても村田諒太の勝利だ!

今回の結果は、「疑惑の判定」として後世に語り継がれるのだろう。

実に悔しい

 

感想

 

ネットの意見で、

「あの試合内容で勝てないルールなら、もうボクシング見るのやめるわ」

とのコメントがあり、まったく同感です。

 

それに、もっとも危惧するの村田諒太選手が

「あの試合内容で勝てないルールなら、もうボクシング辞めるわ」

という気持ちになってしまうのではないかということ。

それだけは、なんとか踏みとどまってもらいたい。

 

入場シーンはまるで宮本武蔵のように見えた。

ボクシングの試合を観てあんなに興奮したのは初めてだった。

めちゃくちゃカッコよかったし、めちゃくちゃ強かった。

だから、

必ず再戦して、チャンピオンベルトを腰に巻いてもらいたい!

-エンタメ

話題のあれこれ

スポンサーリンク