エンタメ

WBC2017日本vsアメリカ試合後インタビューコメント小久保監督、選手3月22日

                    
                      

2017年のWBC(ワールドベースボールクラシック)準決勝 3月22日

日本vsアメリカは、1対2で惜しくも日本が敗れる結果となりました。

試合は白熱手し手に汗握る名勝負が繰り広げられました。

その試合を終えた小久保監督とアメリカ代表選手の試合後のインタビューコメントを紹介します。

 


スポンサーリンク

WBC2017日本対アメリカ試合後インタビューコメント

現在までに速報で伝わってきた監督や選手のコメントを紹介します。

※TBSの中継より

 

侍ジャパン小久保監督のインタビューコメント

Q:アメリカ戦を振り返って?

なかなか芯でとらえることができなかった。

一点が遠いそういう試合でした。

投手陣はメジャリーガーの3番、4番相手によく投げた。

いい戦いでしたね。

まぁ守備のミスは少し出ましたけどね、選手は責められません。

 

Q:アメリカに先制された形だったが?

後半、8回が勝負だと思ってね、行きましたけどね。

ま、形は出来ましたけど、そこでヒットが出るかどうかはこればっかりは分かりませんからね。

ま、ホームが遠かったですね。

 

Q:アメリカに乗り込んで調整からの今日のゲームはどうでした?

小久保監督:日程は決められたものなんでどうのこうの言えないですから。

アメリカに来ての準決勝一発勝負がこの雰囲気でやらなくてはいけないんで、今後もWBCが続くがぎり日程がこうであればこういうことになると思います。

 

Q:WBC全体を振り返ってお願いします

東京ドームでの戦いぶり、侍ジャパンとして開幕前にリスクを負いながらもこのユニホームに袖を通してくれた選手達に感謝したいです。

 

Q:ファンに一言

本当に悔しい負けですけど、選手達はよくやってくれました。

 

小久保監督の去就

また、今回のWBC優勝を請け負ってきた小久保監督は「これで契約満了ということです」と、侍ジャパンの監督を退く気持ちを明らかにしたと報じられています。


スポンサーリンク

アメリカ代表選手インタビュー

日本の対戦相手であるアメリカ代表選手のインタビューが伝わってきました。

選手名をチェックし忘れてしまいましたが、日本戦に対する2人の選手のコメントを記載します。

 

「本当に本当にタフな試合だった。こんなエキサイティングな試合は産まれて初めてだった。」

 

「菅野にしても千賀にしてもピッチングが見事だった。日本のためにも、明日は必ずプエルトリコに勝つよ」

 

と、2017年は本気だと言われているアメリカに、日本の強さを印象付けて称賛されるコメントが聞けました。

 

WBCは3位決定戦は行わないので、残念ながら日本の試合はもう見ることができません。

侍ジャパン、お疲れ様でした!

-エンタメ

話題のあれこれ

スポンサーリンク