健康に楽しく過すために!

老化防止ホルモングレリンを増やす方法!たけしのみんなの家庭の医学2月14日 

                    
                      

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

2月14日のテーマは「名医が教える老化ストップ」

高齢化が進む日本に待ったをかける名医の教え!

今、医学界で注目を浴びる「老化ストップホルモ」の説明がなされました。

老化改善方法などを簡単にまとめたのでご覧ください。


スポンサーリンク

「老化ストップホルモン」のまとめ たけしの家庭の医学

老化防止ホルモンとは、「グレリン」という名前のホルモンで、1999年と最近見つかった。

 

見た目年齢は「老化ストップホルモン」が鍵

番組の実験により、見た目が若い人は普通の人より多く「老化防止ホルモン」が分泌されていることが分かりました。

さらに、「老化防止ホルモン」は見た目だけではなく、体の内側の老化も防いでくれるというかなり嬉しい働きを持っているそうです。

 

恐怖!こんな部屋は老化が進んでしまう

実験の仕掛けにより3時間いるだけでも老化してしまうというヤバイ部屋。

その種明かしは・・・「低酸素状態」

低酸素状態だと人体は酸素を十分に取り込めず、老化が進んでしまう。

それで、細胞も活性化されず、体を動かすこともしんどくなってしまう。

 

老化ストップホルモングレリンをたくさん出す方法は?

お腹が「ぐ~」と鳴っているときはグレリンが大量に出ているサインなのだという。

食事を取る時は、お腹が「ぐ~」っと鳴ってからにするとグレリンがたくさん出て、老化防止効果が期待できるそう。


スポンサーリンク

モニターさんで老化防止検証

グレリンが少ないと細胞内の老廃物が溜まってしまい老化する。

間食がグレリンを妨げるということで、モニターさんに間食を我慢してもらう生活をおくってもらう。

すると、日に日に細胞内の老廃物が減っていくことが分った。

※「ぐ~」と鳴らなくてもお腹が空いていればグレリンは出ていると考えられるので食事をとってもOK。

とにかく、いつも何か食べてるような状態は避けるべき。

間食は老化を早める!

 

老化防止ストップホルモンまとめ

・老化ストップホルモンは「グレリン」
・グレリンは外見も内面も老化防止してくれる
・低酸素が人を老化させる
・「ぐ~」っとなってから食事を摂る
・間食は老化を早める

 

ということで、間食を止めてちゃんとお腹が空いてから食事を摂ることが大事!

▶奥園流ビタミンEずぼらスイーツレシピ!加齢臭を減らす
▶ぽっこりお腹解消ダイエットのやり方!麻木久美子が痩せた医師おすすめの方法!

-健康に楽しく過すために!

話題のあれこれ

スポンサーリンク